2011年2月17日アーカイブ

桜、咲く。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2年前に、長野県内の高校に講演に行きました。

その高校では、講演後に校長室を訪れた生徒は、珍しく 4名だけでした。

 

高校生になると、秦の講演に反発するタイプの生徒と、冷静になって共感するタイプの生徒と それぞれです。

 

講演後、2週間ほど経ってからのことでした。

 

ある、女の子から電話がきました。

その子は、昔に教師からのいじめに遭い苦しんだ経験を持つ生徒でした。

その高校で、秦の講演を聴き、校長室に訪れた時には、秦は時間で帰ってしまった後だったそうです。

 

その子は、是非、秦に手紙を渡したい。と言い会ってほしい。と言ってくれました。

秦の連絡先を 長野県教委に問い合わせ、連絡をしてきてくれたのです。

 

その子は、その子をいじめた教師を そんな教師を作りたくない!と、自ら教師になる夢を持っていました。

 

昨年、残念ながら希望の大学に進むことが出来ず

 

一年の浪人生活を覚悟し、ひたすら勉強に励みました。

苦しい、時期もありました。辛くて涙を流す日々もありました。

 

しかし、その子は 夢をあきらめませんでした。

 

そして・・・・

 

 

 

今年、無事に  大学に合格し

4月から、教師にになるために 東京に出ることになりました。

 

努力は、決して その人を裏切りません。

 

そして、夢を叶えたい!と強く願い 動き続ければ 必ず 夢は叶うのです。

 

その子が、ちゃんと  そのことを 自らの努力と行動で証明してくれました。

 

 

その子は きっと素晴らしい 生徒本位の 生徒の目線にたって物を判断できる

そんな教師になることでしょう。

 

この、ブログを見た君。

いじめに遭ったりしたことで、人生を狂わされたこともあると思う。

 

でも、夢を持ち続ければ、努力し行動し続ければ

必ず、君の夢は叶うよ。

仮に100%、その夢が叶わなかったとしても、必ず実りある成果が、そこのはあるよ。

 

みんな、その子に 続こう!!!

 

 

そして、 M子さん  合格おめでとう。

多くの子ども達から好かれる。そんな教師を目指してね。

 

秦は、離れていても ずっと応援しています。

 

 

    秦  健二