新しい出逢い。。。

| コメント(0) | トラックバック(0)

過去に辛い いじめにあった経験を  持つ人の多くが抱える問題

「人が信じられず、新しい出会いに 躊躇すること」

僕にもこの難題は いつもあり、交友関係を狭めてしまうことがある。  

故に、僕には友達もあまりいない。  そんな僕の生活に 最近 変化が訪れている。

そんな僕の 視野を広げてほしい。と、 遊び塾の事務局の 堀田さんが 沢山の出逢いのチャンスを僕に与えてくれたのだ。

2月末の  ILLAY(イジャイ)との出会いもそうである。僕は素晴らしいバンドのみなさんとも出会うことができました。

 

そして、今回は  東御市 田中にある 小料理 一(かず)さんの 大将とスタッフのみなさんだ。

一さんに 食事に行ったのだけど、席に着くなり  大将が  「この方、遊び塾の代表さんだよね。どうも」

と堀田さんを通じて挨拶してくれた。

僕は、講演活動をする中で、テレビにも取り上げられ、 過去にも「テレビに出てた方ですよね?」と声をかけられることがあったが

僕自身をテレビや講演や一度顔を見ただけで覚えてもらってるというのは、凄く嬉しいことだ。

今回、一さんの大将さんは  ILLAYの演奏会に来てくれていいたようで

そこで僕の顔を見て覚えてくれていたようだ。

 

この一さんのスタッフはみなさん  気さくな方たちだった。

 

 

そして、この一さんでは  毎年 夏に 富士山に仲間達で登っているそうで

今年の夏も  あるそうだ。

 

そして、何を隠そう  この僕も誘ってもらっているのだ。

 

僕は、人生のうちに一度は 富士山に登ってみたい。という夢があった。

しかし、自分が太っていること、体力がないこと、腰痛持ちなこと。たくさんの不の要素から、いつもあきらめていた。

 

だから、どうしても 最後の決断が出来ずにいた。

そんな僕の背中を 一さんの大将と スタッフさんが押してくれた。

僕のペースで大将が ついてきて登ってくれると言ってくれたんだ。

 

嬉しかった。凄く嬉しかった。  勇気が湧いてきた。  登れると思った。

 

一さんの大将のことは まだ何も知らないし、詳しく話したのは今回が 初めてなのに

 

人生、まだまだ捨てたもんじゃない。って思った。  ちょっとした勇気で 心を開くことで

目の前にある 壁は 開いていくんだ。

 

そして、そううして出逢いを重ねることで、人の視野は広がり  暗い 穴の中から 青い空の下へ飛び出すことができるんだ。

 

 

もし、今  君に 友達がいないと思うなら

まだ 話したことのない 誰かと 話をしてみて。

それは、 凄く 勇気のいることだよね。

でも、自分が思う程、周りの人たちは 君を嫌ったりはしてないから。

 

君が 話しかける さりげない一言で  仲良くなったりするから。

 

そりゃ、裏切られることもあるかもしれない。

その時は凄く落ち込むかもしれない。

 

でも、本当に怖いのは   裏切られた時のショックより

君が ずっと暗い 闇の中にいること。

 

 

もし、裏切られた時は 秦んとこおいで。

 

秦は、いつ どんな時も  君の 味方だから。

 

 

      秦   健二

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asobijuku.sakura.ne.jp/mtd/mt-tb.cgi/136

コメントする