2010年1月14日アーカイブ

講演会近づく。。。

| コメント(0) | トラックバック(0)

遊び塾の講演会が、今度の日曜日にせまりました。、

今回は、元長野県教育委員会 子ども支援課課長  前島 章良さんです。

僕が講演活動をするきっかけを作ってくれた方です。

 

4年前、知人からこの活動があるのを聴き、「君もやってみないか?」と言われ、前島さんに会うことになった。

でも、会う前日にすごく不安になった。

なぜなら、当時僕が片思いしていた女性から衝撃的事実を聴かされたから。

その女性とは凄く仲が良かった。しかし、なぜかどこかで僕を避けていた。

なぜそんなに避けるのか?聴いたんだ。

 

そしたら、その人はこう言った。

「あなたのようにハンディを抱えている人とは関わるなと親に言われたんだ。」と。

 

あまりにショックだった。

僕は周りに自分の抱えているハンディを話していたから。

 

それを知って、これから自分がしようとしていることがどれだけリスクを背負うことなのか?怖くなり震えた。

 

前島さんに会うのを止めようとすら思った。

でも、考えたんだ。

俺が生き残った時のこと。遊び塾の子どもが俺を守ってくれると言ってくれた時のこと。

俺は、子ども達のために生きると決めたんじゃないのか?と。

 

そして、翌日 前島さんに会った。

そして、僕の過去。ありのままに話した。ハンディがあることも。

 

そしたら、前島さんはこう言った。

「君は、今いじめによって苦しんでいる子ども達と、いじめにより生きたくても生きられなかった人の為に、君の話をしていってほしい。君の話が誰かを救えるんだ。」

この言葉をかけて貰った時に、全てがふっきれた。

そして、逃げようとしてた自分が恥ずかしくなった。

講演をして100人中100人になんか伝わるはずがない。

でも、100人中の99人に理解されなくても、そのうちの 1人が理解してくれれば良いんだよ。

全員に好かれる必要なんてないんだ。

媚をうる必要もないんだ。

 

ありのままに生きて良いんだ。

そう気づかせてくれた。

 

その前島さんの講演です。

楽しみです。そして一人でも多くの人に聴いてほしい。